メイクアップの欠点:ランチタイムには化粧直ししない…

メイクアップの欠点:ランチタイムには化粧直ししないといけない。すっぴんに戻った時の落胆。化粧品の費用が案外痛い。化粧無しではどこにも行けない一種の強迫観念にとらわれる。

本来ヒアルロン酸(hyaluronic acid)は細胞と細胞の隙間に多数存在しており、水分の保持や衝撃を吸収する緩衝材の作用で細胞を防護していますが、年齢を重ねるにつれて体内のヒアルロン酸は年々減少します。

女性たちが「デトックス」に惹かれる最も大きな理由は、我々日本人が暮らす環境が汚れていることにある。空気や土壌は汚染され、食べものには作用の強い化学肥料や危険な農薬がたっぷりかかっていると実しやかに囁かれている。

浮腫みの要因は多くありますが、気温など気候による関連性もあるということをご存知ですか。30℃近い気温になって一日中汗をかく、この季節にむくみの原因が内在するのです。

頭皮のコンディションが悪化してしまう前に丁寧なケアをして、頭皮の健康を保つほうが賢明です。コンディションが悪化してから手入れし始めたとしても、改善までに時間がかかって、お金も手数も要ります。

目の下に大きなたるみができると、誰でも年齢よりずっと老けて見られます。フェイスラインの弛みは数多くありますが、中でも目の下は特に目立つ場所です。

多くの人々が「デトックス」に惹かれてしまう理由の一つは、日本人が暮らす環境が悪いことにある。空気や土壌は汚され、穀類や野菜などの食物には不自然に成長を促す化学肥料や有害な農薬がたくさん含まれていると周知されている。

スカルプは顔の肌に繋がっているため、額までの部分も頭皮と同じものだと捉えることをあなたはご存知でしょうか。歳を重ねるにつれスカルプが弛み始めると、その下にある顔の弛みの誘因となります。

よく美容の雑誌や本には、顔が小さくなる、肌が美しくなる、痩せるし、デトックス効果、免疫力アップなどなど、リンパ液を流してしまえばあれもこれもうまくいく!という風なフレーズが踊っている。

ホワイトニングというのは、黒色色素が少ない、より一層白い肌を求めるビューティーの観念、若しくはそんな状態のお肌のことを言う。主に顔面のお肌について採用される。

知らず知らずの内にPCの画面に見入ってしまい、眉間にしわ、その上口角を下げたへの字口(この形を私はシルエットがそっくりなので「富士山口」と勝手に呼んでいます)ではないですか?これはお肌の大敵です。

ドライスキンというのは、お肌(皮膚)の角質層の細胞間脂質(セラミド)と皮脂の量が通常のレベルよりも低減することで、肌(表皮)から潤いが失われ、表面の角質層がパリパリになる症状を示します。

歯のビューティーケアが肝心と理解している女性は確かに増えているが、行動に移している人は少ない。その理由としてもっとも多いのが、「自分だけではどうやって手入れすればよいかいまいち分からない」という考えだ。

審美歯科というものは、美に主眼を置いた総合的な歯科医療の分野。歯の果たす役割には咀嚼などの機能面と表情を明るくみせるなど審美的な一面があり、両方健康に関係する非常に重要な要素だと言える。

尿素水とグリセリン(glycerine)にヒアルロン酸(hyaluronic acid)を混ぜた美肌水は低刺激で肌に優しく、お肌が乾燥しやすい人に適しています。防腐剤や芳香剤など余分なものを混ぜていないため、お肌のナイーブな人でも使うことができます。