化粧の短所:皮膚へのダメージ。毎朝するのは面倒くさ…

化粧の短所:皮膚へのダメージ。毎朝するのは面倒くさくてたまらない。化粧品代がやたらと嵩む。皮ふが荒れる。メイクを直したりメイクする時間が勿体ないと感じる。

ホワイトニング化粧品だと正式な商品説明でアピールするためには、薬事法を制定している厚生労働省に認められている美白成分(ほとんどアルブチン、こうじ酸の2つ)を使用している必要があるのだ。

ネイルケア(nail care)とは、手足の爪の手入れを指す。ヘルスケア、美容、医師による医療行為、生活の質(クオリティオブライフ=QOL)の保全など幅広い扱い方が存在し、今やネイルケアはなくてはならないものと言えるだろう。

例えるなら…あなたは今、パソコンを眺めながら頬杖をついていたりしませんか?実はこの姿勢は手の圧力をめいっぱいダイレクトにほっぺたに伝えて、皮膚に対して負荷をかけることにつながっています。

強いUVを浴びたときにできるだけダメージを抑える方法を3種類。1.日焼けした部分を冷やす2.たくさん化粧水をはたいてきちんと潤いを与える3.シミ予防のためにも捲れてきた皮をむいては絶対にいけない

アトピー性皮膚炎(atopic dermatitis)を塗り薬の力だけで完治させようというのは残念ながら無理があります。生活環境や楽しいことなどライフスタイル全体のテーマまで拡大したような処置が必要でしょう。

健やかな体に生じるむくみだが、これはごく自然なこと。特に女の人は、脚の脹脛の浮腫を嫌がるようだが、ヒトであれば、下半身が浮腫んでしまうのはいたって一般的な状態なので気にし過ぎない方が良い。

指で押しても戻る弾むような皮ふのハリ。これを保持しているのは、かの有名なコラーゲン、つまりは蛋白質です。スプリングの役割を担うコラーゲンが下から肌を持ち上げていれば、タルミとは無縁というわけです。

なおかつ、肌のたるみに深く結びつくのが表情筋。喜怒哀楽の様々な表情を生む顔の筋肉を指しています。皮膚のコラーゲンと同じように、この表情筋の機能も年齢を重ねるに従い鈍くなるのです。

老けて見えるフェイスラインのたるみは不要な老廃物や余った脂肪が集まることにより徐々に促されます。リンパ液の動きが滞ってくると不要な老廃物が溜まり、むくんだり、余分な脂肪が付きやすくなり、弛みに繋がります。

尿素(urea)の溶けた水とグリセリンにヒアルロン酸(hyaluronic acid)を配合して作られた美肌水は低刺激で皮ふに優しく、ドライスキンの人に最適です。防腐剤や芳香剤等の余分な成分を利用していないため、皮ふの敏感な方でも安心して使用できます。

あなたは、果たしてご自分の内臓は健康だと言えるだけの根拠があるでしょうか?“ダイエットが成功しない”“すぐに肌が荒れる”といった美容の悩みには、実際は内臓の健康度が大きく関わっています!

現代社会を生きる私達は、常時体の中に蓄積されていく怖い毒を、多様なデトックス法の力を借りて体外へ追い出し、なんとかして健康な体を手中に収めたいと皆努めている。

リハビリメイク(Rehabilitation Makeup)という造語には、肉体的にダメージを受けた人のリハビリと同じく、外見にダメージを被った人がもう一度社会に踏み出すために勉強する技能という側面があるのです。

肌の乾燥の主因である角質細胞間脂質と皮脂の量の衰えは、アトピーなど遺伝子によるものと、高齢化やスキンケアコスメや洗浄料による後天的な要素に縁るものの2種類に大別できます。