基礎代謝(きそたいしゃ)とは人間が横たわっていても…

基礎代謝(きそたいしゃ)とは人間が横たわっていても使ってしまう熱量のことで、その5割以上を骨格筋・最も大きな臓器である肝臓・脳の3つで消費するということをご存知ですか?

ハーバード大学医学校(HMS)の調査結果によれば、通常のコーヒーと比較して毎日2カップ以上はデカフェのコーヒーを代用すれば、直腸癌の発症する確率を5割以上も減少させたという。

AED(Automated External Defibrillator)というのは医療資格を保有していない非医療従事者でも使える医療機器で、本体から流れる音声ガイダンスに応じて扱うことで、心臓が小刻みに振動する心室細動に対する絶大な治療効果を可能にします。

トコトリエノールの機能は酸化を防ぐ機能が格段に認識されていますが、他に肌をきれいにする作用や、血清コレステロールの生成を抑えたりするというようなことが確認されています。

骨折して大量出血した際は、急に血圧が降下して目眩や体が急速に冷えるように感じる冷や汗、悪心、意識喪失などの様々な脳貧血症状が引き起こされるケースもあります。

食事という行為は、食べたいと感じた物をなんとなく口へ運んで幾度か噛んで後は飲み下すだけだが、そのあと人体はまことに健気に動き異物を人体に取り込むように努めているのだ。

ミュージックライブの開催される場所やディスコなどに設置されている大きなスピーカーの真横で爆音を浴び続けて耳が聞こえにくくなることを「急性音響性難聴」と呼ぶのです。

毎年流行する型の異なる季節性インフルエンザワクチンでは、現在までの研究によって、予防の効用を予想できるのは、注射した日のおよそ2週間後からおよそ150日位ということです。

下腹部の激痛を訴える人の多い病気の一例として、大腸粘液が複数個所突出する大腸憩室症、腎や膀胱などの尿路結石症、原因不明の潰瘍性大腸炎、細菌感染などによって腹膜が炎症を起こす急性腹膜炎、卵管の病気等の病名がみられるようです。

アルコールや薬、増粘剤を始めとした食品への添加物等を分解し、無毒化する事を解毒(げどく)と言い、多機能な肝臓の担う大事な機能のひとつだと言えるでしょう。

アミノ酸のひとつグルタチオン(GSH)は、細胞の機能を悪化させたり変異をもたらすような有害な物質を身体の中で解毒し、肝機能を促進する特長が確認されているのです。

ストレスがかかり、溜まっていく構図や、便利で効果的なストレス緩和策など、ストレスに関わる詳細な知識を学んでいる人は、それほど多くはありません。

平成17年2月以降特保(特定保健用食品)の入れ物に「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意を促す文言を表記すること食品メーカーの義務となった。

胸痛を主訴とする狭心症(angina pectoris)の外科手術では大方の病院で「大動脈内バルーンパンピング」と「冠動脈(かんどうみゃく)大動脈バイパス移植術(CABG)」の二つの異なる治療法がよく使用されています。

うす暗い場所だと光量が足りなくてものが見えづらくなりますが、より一層瞳孔が開くので、目のレンズのピントを合わせるのに余分な力が利用され、結果的に明るい場所でものを見るよりも疲れやすくなるのです。