年齢を重ねることによる耳の聞こえにくさでは少しずつ…

年齢を重ねることによる耳の聞こえにくさでは少しずつ聴力が低下するものの、多くの場合は60歳を超えてからでないと聴力の衰退をしっかりと自認できないものです。

20歳代、30歳代で更年期になったら、医学的な用語では「早発閉経(早期閉経)」という病気のことを指します(日本の場合は40歳未満の女性が閉経してしまう症状のことを「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」と定義付けています)。

AIDSというのはヒト免疫不全ウイルス、すなわちHIVの感染が原因となって生じるウイルス感染症であって、免疫不全を起こして健康体では感染しにくい病原体による日和見感染や癌等を複数併発する病状の事を指しています。

ダイエットしたいがために1日の総カロリーを抑制する、ほとんど食べない、こういった暮らし方が結果として栄養までもを不足させ、四肢の冷えを招いていることは、多くの医療関係者が言われていることなのです。

アメリカやヨーロッパ各国においては、新しい薬の特許が満了してから約4週間後には、市場の8割が後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)に替わるというクスリもある位、ジェネリック(ジェネリック医薬品)は世界で採用されているという現実があります。

近年患者数が増加している花粉症とは、山のスギやヒノキ、ブタクサなどの虫によって媒介されない花粉が因子となって、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・頭重感・鼻づまり・鼻みずなどのアレルギーを主訴とする病気であることは言うまでもありません。

脳内にあるセロトニン神経は、自律神経をメンテナンスしたり痛みを鎮圧し、あらゆる覚醒現象などを支配しており、単極性気分障害(大うつ病)に罹患している方では動きが弱体化していることが科学的に判明している。

スギの木の花粉が飛ぶ時節に、小児が体温はいつもと変わらないのにしょっちゅうクシャミしたりサラサラした鼻みずが出続ける状況だったなら、その子は杉花粉症の可能性があるでしょう。

1回歯の表面の骨を脆くさせるほど放置してしまった歯周病は、原則進行具合そのものが和らいだとしても、失った骨が元の量に復活することはないと言われているのが現状です。

胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科的な治療法では「大動脈内バルーンパンピング(IABP)」と「大動脈冠動脈(だいどうみゃくかんどうみゃく)バイパス術」という双方の手段がよくおこなわれています。

汗疱状湿疹(汗疱)とは主に手のひらや足裏、指の間などに小さめの水疱が出る病気で、通称汗疹(あせも)と呼ばれ、足の裏に出ると水虫と間違われることが多くあります。

クシャミに鼻みず、鼻づまりに目の痒み・ゴロゴロする感じなどの花粉症の主な症状は、アレルギーの原因となる花粉の放出された量に追従するように深刻になってしまうという傾向があるとのことです。

お酒に含まれるアルコールを無毒化する力のあるナイアシンは、辛い二日酔いに有効な成分です。不快な二日酔いの根源物質とされている酢酸アルデヒド(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という物質のクラッキングに携わっています。

現在まで使用されてきた生ワクチンに予防接種法で接種が推奨されている定期接種として導入されるので、小児科などの医療機関で接種するという個別接種の形になりました。

上が140以上の高血圧になると、身体中の血管に強いダメージが与えられ、体中至る所のあちらこちらの血管に障害が巻き起こって、合併症を発症する度合いが高くなるのです。