押し返してくる皮ふの弾力感。これを作っているのは、…

押し返してくる皮ふの弾力感。これを作っているのは、かの有名なコラーゲン、すなわちタンパク質です。スプリング役のコラーゲンがきちっとお肌を支えていれば、お肌はたるみとは無関係でいられます。

指で押しても戻る弾むようなお肌のハリ。これを保っているのは、かの有名なコラーゲン、すなわちたんぱく質です。スプリングの働きをするコラーゲンが下から肌を持ち上げていれば、肌はタルミとは無縁なのです。

美白もしくはホワイトニングは、黒色色素の沈着が少ない、より白肌を志すというビューティーの観念、又はこのような状態の皮膚のことをいう。大抵は顔の肌について使用される言葉である。

アトピーの素因:家族歴と次の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー(atopic dermatitis)のうち一つ、または2つ以上)、IgE 抗体を産生しやすいと思われる素因、など。

さらにもうひとつ、たるみに深く関係しているのが表情筋。これは色んな表情を生み出す顔に張り巡らされている筋肉のことです。コラーゲンと同じく、この筋肉の機能も加齢に従い低下してしまいます。

日本皮膚科学会の判定指標は、①激しい痒み、②特徴のある皮疹とその広がり方、③慢性的に反復する経過、3つすべてに該当する病気を「アトピー性皮ふ炎(atopic dermatitis)」と言っています。

デトックスというものは、人間の体の中に蓄積してしまっている色々な毒を体の外へ出すという健康法のひとつで民間療法や代替療法に類別されている。「取り除く」という意味を持つ「detoxification(ディトクシフィケーション)」の短縮形だということはあまり知られていない。

この国では、肌色が明るく淀んだくすみや目立つシミが存在しない素肌を最良とする風習がかなり古くから広まっており、「色の白いは七難隠す」ということわざもあるほどだ。

形成外科や整形外科とは異なり美容外科が欠損などのない健康な身体に外科的処置を付加する容貌重視の医療行為であることを差し置いても、結局は安全性への意識が不十分だったことが大きな要因だろう。

夏、屋外で紫外線を浴びたときになるべくダメージを小さくする方法を3つ。1.日焼けして赤くなっている部分を冷やす2.多めに化粧水をパッティングしてしっかりと保湿3.シミを作らないためにめくれてきた表皮をむいては絶対にダメ

お肌の若さを保持するターンオーバー、即ち肌を入れ替えることが可能な時というのは極めて決まっており、深夜に寝ている間しかないそうです。

強い紫外線を浴びたときにできるだけダメージを抑える方法を3つ。1.日焼けして赤くなっている部分を冷やす2.たくさんスキンケアローションをはたいて潤いを保持する3.シミを防ぐためにも表皮をむいては駄目だ

動かずに硬直した状況下では血行が悪くなりがちです。挙句の果てには、下まぶたの部分を始め顔のあらゆる筋力が減退してしまいます。顔の筋繊維もストレッチをしてあげて、時折緊張を解してあげることをお勧めします。

容姿を装うことで精神が活発になって豊かになれるのは、顔面に悩みを抱えている人もいない人も一緒。私たちはメイクアップを自ら元気になる最善のテクニックだと考えているのです。

この国において、肌色が明るくて淀んだくすみや茶色いシミが見られない素肌を最良とする風習は現代より前から存在していて、「色の白いは七難隠す」ということわざがあるくらいだ。