日本皮膚科学会の判別の目安は、①酷い掻痒感、②特徴…

日本皮膚科学会の判別の目安は、①酷い掻痒感、②特徴のある皮疹とその配置、③慢性更には反復性の経過、3つすべてにチェックが入る疾患をアトピー(アトピー性皮膚炎、atopic dermatitis)と称している。

下半身は心臓から遠い位置にあるため、重力の関係でリンパ液の流動が滞留するのが一般的。むしろ下半身にみられる浮腫は、リンパ液が少しだけ滞留していますよという印の一種程度に受け取ったほうがよい。

さらに日々の生活のストレスで、心の中にまでも毒は山のように積み重なり、同時に身体の不調も招く。「心も体も毒だらけ」という不安こそが、多くの人をデトックスへと駆り立てるのだろう。

見た目を整えることで精神的に活発になって余裕ができるのは、顔にトラブルを抱えている人もいない人も一緒のことです。私たちはメイクアップを自ら元気を見出せる最善の技術だと信じています。

リハビリメイク(Rehabilitation Makeup)という新しい言葉には、肉体の機能にダメージをこうむった人のリハビリテーションと同じように、顔や身体の外見にダメージを負った人が再出発するために学ぶ技法という側面があります。

化粧の悪いところ:泣いてしまうとあたかも修羅のような恐ろしい形相になる。ほんのちょっとミスしてもケバくなって地雷を踏んでしまう。素顔をごまかすには骨が折れる。

美容の雑誌や書籍には、小顔になる、肌が美しくなる、痩身効果があり、デトックス作用が期待できる、免疫の向上など、リンパの流れを整えればみんな思い通り!などという謳い文句が載っている。

早寝早起きを習慣にすることと一週間に2、3回自分が楽しいと感じることをすれば、健康度はアップすると言われています。このような事例もあるので、アトピー性皮膚炎の人は皮膚科を受診して相談しましょう。

マスカラなどのアイメイクを落とすときにメイクをきれいに落とす目的で力任せにゴシゴシクレンジングするのが習慣になってしまうと皮膚が傷ついたり炎症を起こす等して色素沈着を招いてしまい、目の下の茶色いクマの一因になります。

美容誌においてさもリンパの滞りの代表格のように語られる「浮腫」には2つに大別して、身体の内部に病気が潜伏しているむくみと、病気ではない人でもみられるむくみがあるらしい。

スカルプは顔の皮膚に繋がっているため、額までの部分も頭皮と全く一緒と捉えることをあなたは知っていましたか。老化に伴いスカルプがたるむと、顔面の弛みの誘因となります。

アトピー性皮膚炎とは、アレルギー様の反応とつながりがあるものの内、肌の継続的な炎症(掻痒感など)が伴うもので要は皮ふ過敏症のひとつである。

美容外科医による手術を受けたことに対して、恥ずかしいという感情を持つ患者も少なくないので、患者のプライド及び個人情報に損害を与えないような気配りが重要である。

思春期ではないのに出る難治性の“大人ニキビ”の患者さんがじわじわと増えている。10年間もこういった大人ニキビに悩まされている女性が評判の良いクリニックの門をたたく。

皮膚の透明感をキープするターンオーバー、要するにお肌が生まれ変わることが可能なタイミングというのは意外な事に決まっていて、それは夜半に眠る時しかないそうです。