耳の奥の構造は、耳殻側から順番に「外耳(outer…

耳の奥の構造は、耳殻側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」に大別されますが、この中耳のところに様々な細菌やウィルスがうつることで発赤等の炎症がみられたり、体液が溜まる病気を中耳炎と呼んでいます。

汗疱状湿疹は主に手のひらや足の裏、又は指と指の間などにプツプツとした細かな水疱ができる病気で、普通は汗疹(あせも)と呼ばれており、足の裏に出ると水虫と間違われる場合が結構あります。

アルコール、薬、合成発色剤を始めとした食品添加物等の物質を酵素で分解し、無毒化する働きを解毒(げどく)と称し、肝臓が果たす最も大切な働きのひとつだということは間違いありません。

患者数が増加しているうつ病では副交感神経が優位になると脳内で分泌される神経伝達物質である「セロトニン」が足りなくなった結果、憂うつ感、なかなか寝付けない不眠、著しい疲労感、食欲の低下、体重減少、焦燥感、極端な意欲の低下、そして重症化すると自殺企図等の症状が出現します。

天然の化学物質、フィトケミカルの仲間のスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれている物質が、肝臓が分泌している解毒酵素の自然な製造活動を助けているかもしれないという事が見えてきました。

陰金田虫(いんきんたむし)とは、医学的には股部白癬(コブハクセン)と言い、白癬菌というカビが股部や陰嚢、臀部などの場所に感染し、定着してしまった病気で即ち水虫のことです。

塩分と脂肪分の摂取過多を中止して無理のない運動に尽力するだけでなく、ストレスのかかり過ぎないような生活を意識することが狭心症の素因である動脈硬化を防止するポイントなのです。

緊張型頭痛というのは肩こりや首凝りから来る最も多いタイプの頭痛で、「まるで締め付けられるような激しい痛み」「重苦しい鈍い痛み」と言われます。

今、若い世代で感染症のひとつである結核に抗する力を持っていない人々が多くなったことや、早合点のために受診が遅れることが主因の集団感染及び院内感染が増加傾向にあります。

ブラッシングなどで、入居者がセラピーキャットのことをとても愛おしく感じることで「愛情のホルモン」とも言われているオキトキシンが分泌されて、ストレスを和らげたり癒しなどに繋がっていくのです。

PCの青い光を軽減させる眼鏡がいま最も人気を集めている理由は、疲れ目の予防にたくさんの方々が関心を寄せているからだと推測されます。

一旦歯の周りを覆っている骨を浸食するほど症状の進んでしまった歯周病は、万が一炎症そのものが和らいだとしても、失った骨が元の量に復元されるようなことはないでしょう。

エイズ(AIDS)とはヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染によって罹患するウイルス感染症の事であって、免疫不全を引き起こし些細なウイルスなどが原因の日和見感染やガン等を複数発病する病状を指しています。

お酒に含まれるアルコールを分解する作用のあるナイアシンは、ゆううつな二日酔いに効果的です。嫌な二日酔いの誘因物質とされているエタナールという物質の無毒化に携わっているのです。

健康を推進するWHO(世界保健機関)は、有害な紫外線A波の異常な浴び過ぎは皮膚の病気を引き起こす恐れがあるとして、18歳以下の若人が日サロ(日焼けサロン)を利用する行為の禁止を先進国に求めています。