脂漏性皮膚炎という病気は皮脂の分泌異常により現れる…

脂漏性皮膚炎という病気は皮脂の分泌異常により現れる湿疹で、分泌の異常の要因としては男性ホルモンと卵胞ホルモン・黄体ホルモンの不均衡やリボフラビンなどビタミンB群の慢性的な不足などが注目されているのです。

万が一血液検査でやはり卵胞ホルモンなどの分泌量が基準値を下回っていて早期閉経と判明した場合、足りていない分の女性ホルモンを足す手当などで治せます。

チェルノブイリ原発の事故に関する後追い調査のデータによると、成人に比べると体の小さい未成年のほうが飛んできた放射能の有害なダメージを受容しやすくなっていることが読み取れます。

数あるギプスの中でもグラスファイバー製のものは、非常に丈夫で軽量なのに耐久性があって、シャワーなどで濡れても破損しないという長所があり、現代のギプスの王道です。

気が付くとゴロンと横向きのままでテレビ画面を眺めていたり、片手で頬杖をついたり、踵の高い靴をよく履くというような習慣は体の均衡を乱れさせてしまう誘因になります。

インキンタムシ(陰金田虫)は20~30代の比較的若い男性に症例が多く、原則として股間の辺りにのみ広がり、激しい運動をしたり、お風呂に入った後など全身が温まると強烈な痒みが訪れます。

めまいが確認できず、強い耳鳴りと難聴の症状のみを幾度も繰り返すタイプの事を区別して「蝸牛(かぎゅう)型メニエール(メニエル)病」と診断する場合があることは意外と知られていません。

大体は水虫といえばまず足を連想し、こと足指の間に発症する皮膚病として認知されていますが、白癬菌にかかるのは足だけではないので、人の体ならどの部分にも感染する可能性があるのです。

男性の生殖器である前立腺は生育や働きにアンドロゲン、すなわち雄性ホルモンが大きく関係していますが、前立腺に発生してしまったガンも同じように、アンドロゲン、すなわち男性ホルモンの作用で大きくなります。

下腹の疼痛を特徴とする代表的な病には、大腸粘液が複数個所突出する大腸憩室症、腎や尿管などの尿路結石症、大腸粘膜に潰瘍やびらんができる潰瘍性大腸炎、緊急性の高い急性腹膜炎、女性特有の疾患など、色々な病名が聞かれます。

植物栄養素とも言われるフィトケミカルの仲間であるスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリースプラウトに含まれる物質が、肝臓から分泌されている解毒酵素のスムーズな創造活動を促進しているかもしれないという真実が明らかになりました。

もう既に歯の表面を保護している骨を浸食するほど深刻になってしまった歯周病は、悲しいことに炎症が沈静化したとしても、無くなった骨が元通りに再建されることは無いに等しいのです。

ポリフェノールで最も有名な特徴はL-アスコルビン酸(ビタミンC)やV.E.などとは異なっていて、細胞の間の水溶性部分、脂溶性部分、更に細胞膜でも酸化しにくくする効果があるそうです。

クシャミや鼻水、鼻詰まりに目のかゆみ・ゴロゴロするような異物が入っている感覚などの花粉症の代表的な症状は、アレルギー源である花粉の飛散する量に沿って悪くなるというデータがあるということが明らかになっています。

日本における結核対策は、昭和26年に生まれた「結核予防法」に準拠して行われてきましたが、半世紀が経過した平成19年からは他の数ある感染症と等しく「感染症予防法」という名前の法律に準拠して行われることとなりました。