20歳代、30歳代で更年期がやってきたとすれば、医…

20歳代、30歳代で更年期がやってきたとすれば、医学的な言葉で表すとPOFという疾患に当てはまります(日本の場合は40歳未満の女性が閉経する症状を「早期閉経」と称しています)。

春に患者が増える花粉症とは、山の杉やヒノキ、マツ、ブタクサなどの決まった時期に飛散する花粉が誘因となって、クシャミ・頭重感・鼻水などの辛くてゆううつなアレルギー症状を示す病気だといえます。

酒類に含まれるアルコールを分解する働きのあるナイアシンは、ゆううつな宿酔によく効きます。辛い二日酔いの要因といわれるエタナール(アセトアルデヒド)という化学物質のクラッキングにも力を発揮しているのです。

歳を重ねることが原因の耳の聞こえ辛さは段階を経て聴力が落ちますが、多くの場合は還暦くらいまでは耳の老化をしっかりとは把握できません。

現代のオペ室には、ラバトリーや器械室(apparatus room )、準備室(preparation room)を備えさせ、オペ中に撮影できるX線装置を準備するか、近辺にX線装置の専門室を用意するのが通例である。

細菌やウィルスなど病気を誘引する病原体(微生物)が呼吸とともに肺へ入って発病し、肺の内側が炎症反応を呈示していることを「肺炎」と総称しています。

環状紅斑は環状、要はまるい形をした紅色の発疹や薄皮が剥ける鱗屑(りんせつ)など、皮膚の病気の総合的な病名で、誘因は誠に多種多様ということで知られています。

素人判断では骨が折れているかどうか自信がない時は、違和感の残るところの骨を弱い力で突いてみて、その箇所に強い痛みが走れば骨が折れているかもしれません。

学校や幼稚園等の大勢での団体生活において、花粉症が要因でクラスの友達と同様に外で明るく活動できないのは、本人にとって悔しいことです。

「体脂肪率(body fat percentage)」とは、身体の中の脂肪の占有している比重のことを言い、「体脂肪率(percent of body fat)=体脂肪量(キログラム)÷体重(body weight、キロ)×100」という計算式によって弾きだせます。

ちょっとした捻挫と勝手に自己判断して、包帯やテーピングなどで動かないように患部を固定し、そのまま様子をうかがうのではなく、応急処置が終わったらすぐに整形外科医に診察してもらうことが、結局は完治への近道だといえるでしょう。

暗い場所では光不足によりものが見えづらくなりますが、更に瞳孔が開くので、レンズのピントを合わせるのに不必要なパワーが使用され、日の差す場所でものを見るよりも疲れるのが早くなるといえます。

一見すると「ストレス」というものは、「溜めてはいけないもの」「除外すべき」ものとされていますが、現に、私たちヒトは大小のストレスを受けるからこそ、生き延びていくことができているのです。

生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病という病気は、膵臓に存在するインスリンを分泌しているβ細胞が何らかの理由で破壊されてしまったことにより、その膵臓からほぼインスリンが出なくなって発病してしまうタイプの糖尿病なのです。

HIV、すなわちエイズウイルスを保有する血液、精液をはじめ、腟分泌液、母乳、唾液といったあらゆる体液が、看病する人などの傷口や粘膜などに接触することにより、感染する可能性が高くなってくるのです。